ブルーノ・タウト「熱海の家」


■更新日: 2016年07月31日



 
写真は2016年4月23日の様子
 
熱海駅から伊豆山方面に徒歩15分ほど。
春日町の小高い場所に重要文化財 旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」があります。

◆旧日向別邸とは
 
実業家 日向利兵衛の別荘の離れとして1936年竣工。
木造2階建母屋の前庭に擁壁を兼ねた鉄筋コンクリートの人口地盤が造られ、
その地下室部分にある細長い空間の離れが「ブルーノ・タウト」による設計です。
 
桂離宮、伊勢神宮など日本の様式美を意識して設計され、
日本に現存する唯一のブルーノ・タウト設計の建築だそうです。
 

◆ブルーノ・タウト(Bruno Julius Florian Taut、1880年5月4日-1938年12月24日)
ドイツの東プロイセン・ケーニヒスベルク生まれの建築家、都市計画家。
鉄のモニュメント(1910年)、ガラスの家(1914年)が評価され、表現主義の建築家として知られる。
※wikipediaから引用
 
◆見学について
 
・開館:毎週土・日曜日及び祝祭日
・時間:午前10時から午後4時(最終入館は午後3時)  
 10:00、11:00、13:00、14:00、15:00の5回に分けて各回定員10人の予約制となります。
・電話:0557-81-2747(開館日のみ)
 
場所:googleMap 重要文化財旧日向別邸
 

春日町、路地裏の細道 



写真の一覧表示に戻る





最近の投稿一覧




熱海温泉の旅館 新かどやお得な宿泊プラン
熱海温泉の旅館 新かどや 電話番号