熱海桜と釜鳴屋平七夫妻像


■更新日: 2016年01月17日



※写真は2016年1月16日の様子です。
 
熱海サンビーチの隣にあるムーンテラスには、
文化勲章受章 熱海市名誉市民 澤田政廣先生作「釜鳴屋平七夫妻像」があり、
そのわきの熱海桜がきれいに咲き誇っています。
 
この場所は、海と熱海桜を同じフレームに収めることができる
絶好のシャッタースポットです。
 

 
 
◇釜鳴屋平七(かまなりや へいしち)

熱海市の立て看板より引用
「安政の頃、熱海の浜に漁民一揆が起こりました。
まぐろ網の権利をめぐり漁民と網元との争いが日を追って激しくなり、こうした事態の中で
網元の一人平右衛門の長男釜鳴屋平七は、他の網元たちのひどいやり方に反対し漁民側に同情、
網元側から脱退、漁民に味方して解決をはかったが、争いは収まりませんでした。
 
このため、平七らは漁民二百五十余人と共にムシロ旗を立て韮山代官所に押しかけ、
平七は役人の制止を振り切って代官江川太郎左衛門に訴状を差し出しました。
代表者平七ら七人は捕らえられ、首謀者と見られた平七は島流しの刑を受け、
文久三年十月(一八六三年)江戸から八丈島送りとなりました。しかし、船中での虐待で
衰弱した平七は大島に降ろされ、十一月四日三五歳で亡くなりました。
漁民たちは平七の遺志をつぎ、長い間苦難の戦いを続け、ようやく勝訴を勝ち取る
ことができました。
星露百有余年、今もなお大衆の心に生きる義人平七の魂はここに眠っています。」
   
◇熱海梅園「梅まつり」のご案内
 
<開催期間>2016年1/9(土)~3/6(日) ※有料期間1/23(土)~3/6(日)
<開園時間>8:30~16:00(時間外無料開放) ※ライトアップはありません。
<入園料>
・熱海市内宿泊者100円・・・宿泊先がわかるもの(予約表や領収証等)を提示して下さい。
・団体割引(11名以上)200円
・一般300円
※中学生以下は無料。上記開園時間外は無料開放しています。

梅まつりの詳細はこちらから熱海観光協会HP
 
◇あたみ桜 糸川桜まつり
<開催期間>2016年1/23(土)~2/14(日)
・夜間はライトアップの夜桜をお楽しみください。
 
熱海市街を見渡す高台に建つ、お部屋食の旅館。  
自家源泉かけ流しの露天風呂付客室が人気の宿 熱海の旅館 新かどや




次 :
前 :



最近の投稿一覧




熱海温泉の旅館 新かどやお得な宿泊プラン
熱海温泉の旅館 新かどや 電話番号